スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヴェ・マリア  ~聖母祭~


本日(5/25)の7時間目に、聖母祭が行われました。

カトリック教会は、色とりどりの花々が咲き青葉若葉の美しい5月を聖母月と定め、特にこの期間に聖母マリアを讃え敬い、聖母マリアに神様への取り次ぎを願います。聖母祭では、信愛生の理想である聖母マリアの生き方に倣い、“聖く 明るく 美しく”学院生活が送れるように祈りを捧げます。


2011seibo01.jpg


日本中のカトリック学校では、5月に同様の行事を行っている所はいくつもありますが、本校の聖母祭の特徴としては、「花束の奉納」と「マリア様への手紙」が挙げられます。花束は各クラスごとに募金を募り、集まったお金で花束を用意し、奉納します。また、毎年中学3年生と高校3年生の宗教の授業の中で書いた「マリア様への手紙」の中から選ばれたものを放送部員の生徒が朗読します。


2011seibo02.jpg 2011seibo03.jpg


今年の聖母祭で読まれたマリア様への手紙の中には、東日本大震災の被災者の方々、特に母親を失ったこどもたちに関するものもあり、今もなお癒えぬ被害とその大きな悲しみに対する復興への祈りを込めた聖母祭となりました。

聖母祭で奉納された花束は、各クラスの宗教委員さんが、近隣のお世話になっている方々へお届けし、花束購入後に残った募金は、東日本大震災の被災地へ送られることになっています。

2011seibo05.jpg
花束を届ける高校生


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。